スポンサードリンク

無料ブログはココログ

« ネットブック特需とその先 選択と集中  オンキヨー、5時間バッテリのネットブック店頭モデル「SOTEC C103シリーズ」を発表 | トップページ | 一目で重い処理が終わったかどうか判断する方法 動画エンコーダーやアルゴリズム系プログラマ必見 »

Opera ブラウザが遅いと感じたら、試してみること/Operaの便利な使い方


このエントリーを含むはてなブックマーク

Opera

Operaは非常に優れたブラウザです。機能・カスタマイズの観点から見るとFirefoxやタブブラウザ(IE, Sleipnir, Lunascape)に比べると劣りますが、その不自由度がぐ逆に手にしっくり馴染むのが不思議です。一時期はFirefoxやSleipnir等も使っていましたが、最終的にOperaに落ち着いています。


Hint 自分的にOperaの便利だと思う機能

one仕事中にこっそりブラウジング スモールウィンドウ表示
Opera独自のPrestoエンジン(スモールウィンドウレンダリングエンジン)は非常に優れもの。縦に細長くしたウィンドウでも最適な閲覧が可能。ビジネスマンの息抜きに必須機能。。。


twoCTRL+[1-9]でよく見るページに高速アクセス
ボタン1つでアクセスできる優れもの。


threeRSSリーダー
購読したいRSSフィードを登録しておけば、情報収集に便利
とくにブログ等に訪問せずとも記事を閲覧できるため、内容だけに集中できる。


fourBitTorrentクライアントを標準搭載
BitTorrent導入の敷居を下げた(或いは無意識にクライアントがインストールされた)


fiveページ閲覧時にスラッシュ / ボタンを押せばすぐインライン検索モード
UNIXのviエディタを思い出す。CTRL + Fによる検索より素早く、好感触
ただし日本語未対応。。。数字や英語なので知っていると役立つ


Hint 逆に操作に難がある機能


oneタブウィンドウごとに個別設定(画像OFF,Javascript 等のOff)ができない
ホストごとに設定は可能だが、一度設定すると戻すのが面倒だったり・・・

 ※ホストごとにCSSやJavascriptのON/OFF切り替えは可能


two履歴画面が使いづらい
網羅性は完璧で、検索もできるのだが、Chromeのような直感的なもののほうが実は使いやすい?


threeURLフィルターの設定は手動で編集 再起動後に有効
広告等表示したくないURLを登録して、フィルタリングできる。しかしもう少し便利に設定できないものか?

 ※ 右クリックメニューから「コンテンツブロック」でちょっと簡単にできる。


fourRSSフィード画面レイアウトに無駄が多い
タイトルバーが太すぎ・・・ 小画面時に邪魔


fiveインターネット一時ファイルがたまりすぎる
ハードディスクを圧迫、Opera終了が非常に遅い原因。まめに削除する必要がある。


※ Operaは常に最新のものを使用したい。遅い!変だ!という動作は必ず次のバージョンアップで直っている確率が高い。非常にユーザーフレンドリーなブラウザである。


Hint Operaの動作を改善したいときに行うポイント


oneキャッシュの削除
デフォルトキャッシュサイズは20MB程度で、使用時パフォーマンスに影響がないのですが、Opera終了処理に20秒近くかかることがありました。そこでキャッシュを削除してみるとすぐにOperaのプロセスを終了できるようになりました。
キャッシュ削除方法は、設定画面の履歴からできます。
ちなみにパスは [User]\Local Settings\Application Data\Opera\Opera9\profileのcache4 と opcacheフォルダ


two広告ブロックする
ホームページの表示速度を高速化する方法の記事投稿でも話しましたが、一番効果的なのはJavascriptによる動的な広告をブロックすることです。Javascriptを無効にすることで多くの広告をブロックできますが、Javascriptは必要不可欠です。そこで広告等ブラックリストURLの設定が効果的です。


threeバージョンアップする
2010/08/14現在で、Windows版Operaは 10.61 が安定版で使える。開発版は10.70 非常に速くなった!
Operaは日々速度改善、バグ修正を進めているため、古いバージョンを使っている場合は、バージョンアップをオススメします。
24hours Operaブラウザ公式サイト


Hint golf効果の検証


オンラインソフトサイト Vectorを一例として挙げます。(リンクは圧縮解凍アーカイバの+Lhaca
Vectorは年々広告が増えることで有名で、以前に比べて非常に表示がもたつきます。しかし広告ブロックをすることで瞬時に表示・ダウンロードが可能となります。
実際 広告ブロックをONにしたOperaと、ChromeでLhacaのページを表示するまでの時間を測定してみたところ、


Opera 瞬時runに対し、Chrome は10分経っても読み込み完了できませんでした。snail(ちなみに当方上海在住)


ブロックURLは

http://*.googlesyndication.com/*
https://*.google-analytics.com/*
http://*.google-analytics.com/*
http://shop.vector.co.jp/*
http://vafs.vector.co.jp/*
http://www.vector.co.jp/advertise/*
http://www.vector.co.jp/adinfo/*


google-analytics等はアクセス解析、adやvafsは広告のようです。もちろん無料で有益な情報を公開してくれているサイトに、還元という観点でURLブロックするのは心苦しいですが、広告側ホストサーバーのパフォーマンスがネックとなるのは勘弁です。



Link 関連記事を読む


□ OperaブラウザでFLASH広告・動画をデフォルトでブロック クリックするだけで再生できるCSS+JavaScript

□ ブログやSNSサービスなどのWebアプリケーションで複数のアカウントを使い分ける便利なFireFox アドオン

« ネットブック特需とその先 選択と集中  オンキヨー、5時間バッテリのネットブック店頭モデル「SOTEC C103シリーズ」を発表 | トップページ | 一目で重い処理が終わったかどうか判断する方法 動画エンコーダーやアルゴリズム系プログラマ必見 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1180734/28797988

この記事へのトラックバック一覧です: Opera ブラウザが遅いと感じたら、試してみること/Operaの便利な使い方:

« ネットブック特需とその先 選択と集中  オンキヨー、5時間バッテリのネットブック店頭モデル「SOTEC C103シリーズ」を発表 | トップページ | 一目で重い処理が終わったかどうか判断する方法 動画エンコーダーやアルゴリズム系プログラマ必見 »

オススメの一品